FXを始めるのならまず取り扱い会社の比較をしましょう

  FXは外国為替証拠金取引と言われ、多くの方が投資の対象としてFX取引を行っていますが、ハイリスクハイリターンの投資で初心者には向かないと言う方もいます。以前は、レバレッジの規制がなかったため、自身が投資する金額の100倍以上のお金を投資して上手く行けば何倍もお金が戻ってきたり、失敗すれば財産の一部を失うような投資方法でした。現在は、投資家を保護するために、レバレッジが最高25倍までと決められています。

FXは外貨預金と違って証拠金で取引するため、円安でも円高で利益を得ることが出来ますが、自分の考えたポジションと逆に動いた場合には損失が出ます。FX取引をするうえで重要なのはFXを取り扱う会社のサービスの比較です。投資家に対してどのようなサポートを行っているか、どのようなツールが有るか、スプレッドと言われる買値と売値の差がどの程度かを把握することが必要です。

証拠金と取引単位もFX会社を比較選定する上で重要な項目です。ドルと円をメインに取引をしていて、取引単位が1,000通貨なら4,000円から4,500程度の資金でFX投資を始めることが可能です。初めてFX口座を開くのであれば、サポート体制が万全で、取引単位が小さくスプレッドの狭い会社を選び、リスクを減らして投資を行うことをお勧めします。

最新記事